音楽の楽しみ方とアニソン人気

音楽はヒトの生活には欠かせない存在です。
音の無い生活は殺風景そのものであり、ジャズやオーケストラのCDを、ほぼ毎日の日課として楽しむサラリーマンや女性も珍しくありません。
今では色々なハードウェアが市場で販売されており、また音楽そのものも、データ化されている事が多く、携帯音楽プレーヤーやゲーム機、ノートパソコン等で、気軽に聴くことが出来るようになりました。
移動中や出張中に好きなジャズやオーケストラの音を楽しむ人々も大勢いており、アルバム丸ごとを、携帯機に転送している人々もいます。
また若者の間では空前の声優ブームが巻き起こっており、人気アニメの主題歌やED曲を、挙って視聴する学生・ネットユーザーの姿があります。
さらに有名声優さんが歌う主題歌や挿入歌がランキングを独占する事も今や珍しくありません。
アニソンやゲーム系ミュージックも今では立派な作品として、世間から認知されており、大抵の作品にはサウンドトラック盤が販売されています。

アニソンの魅力とその歴史について

アニソンとは、アニメソングの略で、テレビアニメのオープニングやエンディング、また、挿入歌として使用される曲の総称です。
日本で最初のテレビアニメの放送が1960年代ですので、アニメソングも50年以上の歴史を持っています。当時は歌詞やタイトルにアニメの作品名や、キャラクター名が入ることが多く、曲調もその作品の雰囲気に合わせたものが多いのが特徴でした。
1980年代に入ると徐々に有名歌手がアニメの主題歌を歌う機会が増え、アニメファン以外の人たちにも注目されるようになってきました。1990年代に入ると、アニソンの人気は徐々に加速し、19994年に発売されたアニメ主題歌のCDは100万枚を超えるヒットを売上げ、紅白に出場するようにまり、一般の人にもアニメソングが認知されるようになりました。これを皮切りに紅白ではアニメソング専門の歌手や声優の出場が増えるようになりました。
現在はアニメ作品に出演している声優が主題歌を歌う機会も増え、声優が歌手として活躍することも珍しくありません。また、現在のアニメ人気により、大物歌手が原作ファンという繋がりで主題歌を歌うこともあり、また、大手プロダクションの歌手が主題歌を歌う機会が増えているため、以前のように主題歌にアニメ作品のタイトルや、キャラクター名が入ることはほとんどなくなりました。
現在は、アニソン歌手を目指す人も増え、歌手オーディションなども増え、優勝者がアニメの主題歌でデビューすることも増えています。

おすすめWEBサイト 5選

宅配クリーニングサービス
https://cloak.royal-cleaners.co.jp/
整体 学校
http://www.kenyukan.co.jp/
プロ声優養成所
http://www.earlywing.com/ets/
野菜スムージーでダイエット
http://kireinowa.com/
オリジナルの名前シール作成
http://www.rakuten.co.jp/ba-labo/

2014/11/18 更新